上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
揚州は本当に行って良かった旅行地でした。
友人の家に一泊させてもらい、
早くも最終日ですが、
2日目午前はゆっくり、そして早めのランチのためどこも行かず、
午後は友人の車が使えないため、
揚州汽車駅に近い、「揚州博物館」に行くことにしました。

お昼は「ガンバンメン」という、揚州ご当地麺です。
具は何も入ってない、素面なのですが、
豚の油が入っていて、少し焼きそばのような味でした。
これもまた美味です。
一緒にガチョウの肉もいただきました。
友人が何の肉かを説明してくれてたときに、
中国語でウーロウ。
ピンインだと、”2e4rou”と言っていたので、
最初、てっきりワニの肉かと思ってしまいました。
「水の中にいる、あの?」って聞いたら、
実際にそうだそうだ、と答えてましたし。
ただ、「アヒルに似てるやつ」とも言ってたので、
なんかおかしいとも思って食べてました。
その後、辞書を見て、真実を知るのですが、
ガチョウは鹅/2e。
ワニは鳄鱼/4e2yu。
同じe、もしくはウーでも大違いでした。
分かったときは、みんなで大笑いです。

さて、揚州博物館ですが、
4階建てで、各フロア両面に、ジャンルごとに展示されています。
世界で三個しかない陶器もその1つで、
とても興味深く拝見させていただきました。

また、印刷の歴史や、
(実際手書きによる写しや、版画の作成がデモンストレーションされていました。)
様々な古代芸術品、揚州そのものの歴史、
本当に興味深く、あっと言う間に時間が過ぎていきます。

最後、汽車で南京に帰ります。
切符は前日に買っておいたのですが、
そこで、納得がいきました。
切符の値段、なんと8元だったのです!
そうか、最安値8元は、バスじゃなくて、汽車のほうだったのか!!
行きも汽車にすれば良かった。とつくづく感じました。
汽車のほうが南京でのアクセスが楽ですし。

それにしても、8元て安いですよね。
それだったら、しょっちゅう揚州へ行けるじゃないですか!
もちろん、最安値8元なので、
そこは注意が必要ですが、
それでも、20元弱で行けるんです!
遠そうで、本当に近い街、揚州でした。

さて、これで揚州のご報告は最後になりますが、
次回は、揚州から帰ってくるときの汽車内での出来事、
そして、南京地下鉄での出来事をご報告したいと思います。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト揚州ご報告・ラスト?

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。