上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
皆さん、餃子は好きですか?
日本の餃子は美味しいですよね。
私も大好きです。

さて、南京では、一般的に焼き餃子は食べれません。
餃子と言えば、水餃子です。
日本で、餃子の有名なお店、「王将」などに行くと、
店員が餃子のオーダーでよく使ってますよね。
「イーガ コーテー」とか言って。
このコーテーですが、
中国の鍋貼(グオティエ)だと思うんですけど、
それも、餃子とはかけ離れている気がします。

私は、日本の焼き餃子が大好きな分、
中国の水餃子はちょっと物足りない気がします。
おかずと言うより、主食になりますし。
おにぎりに野菜系の具材を入れて、はいどうぞと出され、
3,4個食べる感じでしょうか。
お腹はいっぱいになりますが、どうなんでしょう。。
幸せ感には欠けますね。。
日本の美味しいおにぎりでも、そんな感じでしょうか。。

と言っても、油を使わない水餃子は、
油の多い中華料理の中で、胃腸の救世主的存在で、
あまり好かないとは言いつつも、毎週2回くらいは行ってます。
(身体が欲してるようです。)
店のおばちゃんも、顔を覚えてくれ、頼むメニューも覚えてくれました。
毎回同じで、「ニラ、白菜、大根」です。
時には、今日はニラ無いから、白菜2まとまり分ねー。って向こうから言ってきます。

そんな、フレンドリーな水餃子店ですが、今日は、新しい味に挑戦しました。
その味とは、
中国語で「芹菜」です。
日本語で言うと、セロリです。
今まで、どうしても頼むことが出来ませんでした。。
なぜでしょうか。

なぜかと言うと、セロリの発音と、青菜の発音が似てるからです!
どちらも「チンツァイ」
最初の文字の上がり下がりでセロリか、青菜かが決まります。
もし、伝わり間違えて、青菜が出てきたらどうしよう。。。
そしたら、セロリが好きな分、青菜は全然特別な感じがしない。。。
と言う、恐怖感から、今までずっと頼むことが出来なかったのです。

最近、友人に発音をしっかり教わり、今日チャレンジしてみました。
そしたら、普通に伝わって、無事にありつくことが出来たんです!!

そのお味は、、、
美味しい!!
もともと、セロリが好きだからでしょうか。
いくつでも、とは言いませんが、とても美味しくいただくことが出来ました。
これからの定番水餃子に決まりそうです。
日本では、餃子の専門店でも食べれないような、セロリの水餃子、
中国は、食文化が豊かなんですかね。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト新たな味・水餃子

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。