上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!


手洗ってキレイにするのは誰もがする習慣です。
子供の頃にも、うがい手洗いは耳にタコができるくらい注意されました。

しかし、そんな手洗いが感染症感染の原因になることもあるそうです。

今回中国で公表された情報によると、
公共のトイレの手洗い液は、私たちが思っているより汚くて、
中には基準の600倍の細菌が発見されたのです!!

そんな細菌まみれの石けんで手を洗ったら、
手が余計に不衛生になるだけでなく、
感染症のリスクもグーンと高くなります。

その手を使ってモノを口にすることを考えるだけで鳥肌が立ちそうですね!

これはあくまで中国だから。
ということも出来ますが、
日本の実態はどうでしょう?

日本でも公共の場所、
私たちがよく行くデパートなどのトイレでよく目にする洗浄液は
減ったら注ぎ足すタイプのものです。。

無くなったら新品と交換。
だったら問題ないんでしょうが、
洗わずに足していくタイプはチョット怖いかもです。

ボトルをしっかり洗浄して、とか
石けん液を入れておくタンクや管をその都度洗ってくれたらいんですが…

これからは、マイ石けんや食前などに手をキレイにできる市販の手洗い液を持ち運ぶに限りますかね。


関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト600倍の細菌がデパートの手洗い液に?!

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。