上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!


決して大げさな話じゃないですよね。

北京の空気の悪さは暗黙の了解です。

今回中国の気象庁が発表した内容では
9月のうち、15日間は空気が悪く霞がかった空模様だったそうです。

15日だと意外に少ない?
なんて逆に思ってしまいますが、
よっぽどひどい日は15日程度だってことなんでしょうね。

気象庁は同時に原因についても説明していました。

秋になるに連れて、
地表の温度が下がり、空気の流れが落ち着きます。
それで化学物質なども逃げていかなくなるそうです。

って、地表温度の問題じゃないですよね!!
そもそも、有害物質を出すのが問題な訳で、
そちらをどうにかしろと思います。

北京に行かれる方は、
化学兵器も防げるくらいのマスクをご用意下さい。



関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト北京の大気汚染で呆れた原因説明

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。