上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!



上海自由貿易試験区が29日から始まります。

開始と同時にフェイスブックやツイッターが解禁になる、
ということは中国政府が発表しました。
結果、それらの会社の株価が急上昇!

私も、これでやっと中国の言論の自由化が進む!
と喜んでいました。

しかし!
実はそうでもないようです。

中国のネットニュースで、
ある関係筋の発言が載っていました。

それらサイトが参入できるようになりますが、
結局規制は変わらないそうです。

つまり、ポルノやギャンブル、薬物などなど、
今後もご法度です。

ということは、
中国共産党を否定するものもやっぱりダメなんでしょうね。

文化大革命とか…
天安門事件なんかは即アウトです。
中国西部の新疆ウイグル自治区などの問題もムリかな~。

なんか、結局変わらない?

うーん。
でも、中国政府が見つける前に消すとか…
あ、記録が残るのでアウトですね。

まあ、海外に住んでる人が書くには問題ないですが。

インターネットのスピードを信じます。

上には政策、
下には対策。
です。

頑張りましょう!!
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイトフェイスブック解禁の中国ー結局何も変わらない?

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。