上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!

イギリスだけでなく、
世界全体が中国を無視できない状況になっています。

この度イギリスの外務省はロンドンに語学センターを設立しました。
500万ポンド(約8億円)かけて作った言語訓練センターですが、

中国語を話す外交官を40%増やすことを目標としているそうです。

イギリス人は英語を中心と考えているから、
効果は薄い、なんて声も上がっていますが、
中国重視の見方はしっかり伝わってきます。

日本と中国の関係ですが、
歴史的な問題はどうしても付きまといます。
無くなりません。

主張すべきところは主張して、
上手く付き合って行くのが一番なのかな、と思いました。

関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイトイギリスは中国重視の傾向に

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。