上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!


なんか、次から次に出てきますね。
反日の資料が。

今回は中国北京で公表されました。
資料数はとても多く、封筒120枚分だそうです。

その中に、戦時中に日本へ強制労働に連れていかれた人の資料がずらっと入っています。

中国側は、その人数について、
169回に渡って38935人が連れていかれたとしていて、6830人が日本で亡くなりました。

日本へ来る名目が家族訪問となっていて、
少し可哀想です。

今回の内容について、
いちよ資料は日本のある関係者が過去に提供したことになっています。

しかし、その真偽は分かりません。

それ以上に感じるのは、
中国の現状です。

多くの中国人が海外へ出稼ぎに出ています。
日本はまだマシですが、
労働条件が本当に悪列な国が多いようです。

また、国外に出ていなくても、中国自体が格差の問題を抱えています。
特に農村の人、農村出身の人は人権などありません。

他の国を非難する前に、
自分国をきちんと治めて欲しいです。

月餅の公費購入禁止をえて、
高級月餅の売上げがガタ落ちした、なんてニュースもありました。

まだまだそんなレベルです。
加油!!!
(・ω・)ノ
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト戦時中日本へ強制労働させられた中国人の資料が北京で公開

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。