上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
今日もいい日になりそうですね。

どうも!!
からあげまる(葉月)です!

2つのニュースをまとめて紹介します。

米上院は29日の本会議で、
中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島について、
日本の施政権下にあることを認め、

「(米国の対日防衛義務を定めた)日米安保条約第5条に基づく責任を再確認する」
と宣言する条項を、
審議中の2013会計年度(12年10月~13年9月)
国防権限法案に追加する修正案を全会一致で可決しました。

555_20121201074417.jpg

そして、もうひとつ。

クリントン米国務長官は、
過去に南シナ海の領有権問題を中国と協議した際、
中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言したことを明らかにしました。

長官は
「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。
これこそあなた方に求める対応だ」と応じたそうです。

アメリカはこれまでずっと中東に目を向けてきましたが、
中国の威力拡大に神経を尖らせています。

特に最近は中国が南シナ海に乗り出し、
尖閣にもちょっかいを出し、
アメリカとしては嬉しくないニュースばかりです。

経済でも、多くの工場をアメリカ本土に避難?させたので、
ある意味戦闘体制もばっちりです。

日本はのん気ですけど…。

いつも応援ありがとうございます☆
1クリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントも大歓迎です。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国尖閣問題にアメリカが本気の対応開始

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。