上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
決済サービス運営の中国銀聯(チャイナ・ユニオンペイ)が、
国外での事業展開加速に向け国際部門を立ち上げました。

米ビザ V.N やマスターカード MA.N との競争が激化する可能性があります。

 銀聯は自社カードの使える小売店などに加え、
銀聯ブランドのカードを発行する提携金融機関を海外で増やす方針。

これがうまくいけば、
国際的な通貨としての人民元の活躍の場が広がります。

中国は、通貨政策としても自国の威力を持たせたいと思っています。

ドルやユーロに加えて人民元がでてきたらもうめちゃくちゃになりそうですね(=^ェ^=)
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国銀聯、国外での事業展開加速に向け国際部門を立ち上げ

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。