上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
おはようございます!!
今日もいい天気ですね☆

どうも!!
からあげまる(葉月)です!

中国新華社のニュースです。
中国の国内総生産(GDP)は2020年までに100兆元(16兆ドル)に達する見通しだと伝えました。
(これは2012年の米国のGDPに匹敵する規模です)

5.jpg

つまり、2020年には中国の国民1人当たりGDPが1万ドルを突破し、
単純計算で16兆ドル、2011年の倍近くに拡大する見込みだとしています。

その根拠ですが、
今後2―3年は中部や西部地域の開発が進み、それらの地域の住民の所得がすでに開発が進んでいる東部地域の住民よりも急速に拡大する、ということらしいです。

前日には、陳徳銘商務相が、
2012年のGDP伸び率が目標の7.5%を達成できることは間違いないとした上で、
目標を上回る可能性もあるとの認識を示しています。

うーん。。。
どうなんでしょう。。。

うまくいけばの話ですよね。。

実際今後、内陸への開発は進んでいきますし、
成長をしなければ衰退しかないわけで、それも困るんですけど、、

なんかそう楽観視できないんですよね~。

公共事業では赤字が出続いていますし、
不動産投資も崩壊寸前。

暖かく見守りたいと思います。

いつも応援ありがとうございます☆
1クリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントも大歓迎です。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国GDP、2020年までに16兆ドル?

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。