上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
年に1度の広州モーターショーの開幕です!!
今年で10回目を迎えるモーターショー。

日本の自動車メーカーも参加します。

日本車はご存知のとおり、
尖閣問題からの不買運動によって販売台数が激減していました。

ここで日本車メーカーの巻き返しを期待です。

広州モーターショーは日本車メーカーが絶対的な優位を誇る華南市場で開催。

展示規模の縮小もないようで、
広汽トヨタ、広汽ホンダ、そして設立したばかりの広汽三菱など、
広州汽車との合弁会社と協力して成果を出してほしいです。

また、10月以降、
日産、ホンダ、トヨタは被害を受けた車のオーナーやディーラーへの対応措置として、
様々な補償プランを打ち出して、
「傷ついた心」を癒しながら大々的な割引キャンペーンも実施しているそうで、

まさにピンチをチャンスにできるのではないでしょうか。

馬車
(こんな乗り物も出してほしい!)

広州モーターショーは広東省だけでなく、
海南省、広西チワン族自治区、福建省、湖南省などからも消費者が集まります。

首都北京から離れた広州で、
今回のびのび消費戦略を進められるのではないでしょうか。

いつも応援ありがとうございます☆
1クリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントも大歓迎です。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国広州モーターショー、日本メーカーはピンチをチャンスに

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。