上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
今後の中国はどうなるんでしょうか?
なんて期待も正直なく、何も変わらないんだろうな。
なんて思っています。


しばらく前から海外メディアで、
胡主席は中国共産党トップである総書記を退任した後も
「院政」を敷くという見方が大勢を占めてきました。

胡主席は共産党指導部の68歳定年制に従って退任、
しかし、兼任する党中央軍事委員会主席のポジションには定年がないんです。

人民解放軍の指揮権を握る軍事委員会主席は事実上の中国の最高権力者とされていています。

胡氏の前任である江沢民氏も2002年の総書記退任後、
2年にわたってその座にとどまり、
胡政権スタート時には、江氏による院政だとの見方もありました。

それで胡氏もその前例に倣うとの観測が根強かったですが、
「東洋経済オンライン」が独自に得た情報によれば、
胡氏は軍事委員会主席も退き、今大会で完全引退とのこと。

それだけではなく、
最高指導部である党中央常務委員会の人事も、
胡氏の支持基盤である共産主義青年団(共青団)グループは壊滅。

事実上党内の政治抗争での完全敗北です。

11月8日に北京で開幕した共産党大会には、
江氏が元常務委員らを引き連れて出席。
長老勢力の健在ぶりを誇示。

常務委員会のメンバーは以下の7人です。

習氏のほか、
首相になる李克強・第一副首相、
王岐山・副首相、
張高麗・天津市党書記、
張徳江・副首相、
兪正声・上海市党書記、
劉雲山・党中央宣伝部長。

李氏のほかは、胡氏より江氏と近いとされる面々。

だそうです。

政治の世界も難しいですね…。

これまでの共産党政権も、
コキントウさんが好き勝手やってきたわけではなく、
後ろに黒い組織?がいたことは分かっていましたが、
長老勢力による院政だとは、日本に似てる部分がありましたね。

なにはともあれ、胡錦濤さん10年間お疲れ様でした。


いつも応援ありがとうございます☆
1クリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
コメントも大歓迎です。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国胡錦濤主席、夢破れ完全引退

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters

Trackback

まとめ【中国胡錦濤主席、夢破】 (まっとめBLOG速報) reffering on 2012/11/15

今後の中国はどうなるんでしょうか?なんて期待も正直なく、何も変わらないんだろうな。なんて思っていま

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。