上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
7-9月期も終わり、中国地元紙のコメントが増えています。

新京報2012年10月19日の論評はこんな感じでした。

10-12月期は反転上昇する可能性があるが、程度には限りがある。
内需は上昇しているが、中国経済を牽引する主要なパワーとなるまでには十分に改善していない。
来年1-3月期の中国経済が再度下振れる完全な可能性がある。

中国経済の今回の下降は、国際金融危機爆発数年間中国が被った衝撃によるものだけではなく、
中国経済自身の産業構造と発展モデルにいずれも問題があるからであり、
もっと言えば、国内問題が現在の経済下降の主要原因だと言ってよい。

国内消費を増加させる時期において、中国の経済成長は過去のような高速発展が既に不可能となっている。
今年の成長率目標7.5%前後は、中国経済の発展速度の常態となるだろう。
このため、来年1-3月期の経済が再び下降しても、その下降幅は大きくはならない。

はい。
冷静に分析されています。

中国はなんだかんだ言っても私たちの隣国です。
中国にも発展成長してもらって、
win-winの関係を築きたいものです。

そして成長してもらって、バカな言動を直してもらいたいと思います。
がんばれ中国!
いつも応援ありがとうございます。
1クリックよろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国今後の経済は?中国地元紙が発言

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters

Trackback

まとめ【中国今後の経済は?中】 (まっとめBLOG速報) reffering on 2012/10/26

7−9月期も終わり、中国地元紙のコメントが増えています。新京報2012年10月19日の論評はこんな感じでし

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。