上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  クリックありがとうございますワン!
まあ、言われなくても分かってますよ。
ていうのがオチというか、感想というか。

そこまで鵜呑みにしてませんから、って感じですね。

ファイナンシャルタイムズの報告です。

"中国の成長は2012年の第1四半期の8.1%から第二四半期には7.6%に下がってきたと言っている。この政府の数字は正しいのだろうか?ウィキリークスは公開した外交文書によれば、首相候補の李克強が、GDPは「人為的」であり、「参考資料」であると2007年にアメリカ当局に打ち明けている"

ということです。

今さら言われなくても…。
人為的だなんて分かりきったことですから。

人口数すらあてになりませんからね。
関連記事


  クリックありがとうございますワン!

Thoughts on スポンサーサイト中国首相候補「中国統計数字は参考資料」

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。